豊野町 下鶴橋

こんにちは! ダンチャンのデジカメ日記にようこそ

石橋訪問
宇城地方でよく見かける「石橋」、ふと立ち止まり、その石橋を架けた人々の熱い思いを想うとき、その瞬間の人々の声、石橋を行き交う足音や荷車の音が聞こえてくるような気します。宇城地方には、1世紀以上の風雪に耐え、今も私たちの日日の暮らしに息づく石橋が近くに数多くみられます。暇を見て彼らを訪ねて往時を偲んでみたいと思います。

H24.5.9(水) 御船町 下鶴橋
明治19年(1886年)架橋 通潤橋を架けた名工は橋本丈八と子供の弥熊が架ける
a0212557_5582839.jpg

by k-dantyan | 2012-05-09 04:45 | 石橋訪問 | Comments(0)