宇城市 小川町

小川町
小川が誇る3傑を訪ねてみました。
1人は鎌倉時代の元寇の武人といわれる竹崎季長です。彼は29歳のとき、文永の役で大活躍し武功をたてました。この褒美として海東の地と馬を褒美としてもらったそうです。
塔福寺は竹崎季長の菩提寺で関係の古文書が残されているそうです。
2人目は一切経出版の僧、鉄眼禅師です。1630年小川町小野部田出身で鉄眼が52歳のとき一切経6万枚の版木、6956巻が完成したといわれています。
3人目は、柏原太郎左衛門という方です。彼は、江戸時代に台湾との交易を進めていましたが、オランダとの間で紛争が発生し、(高砂事件)強硬手段により、交易の権益を確立するのに功績があったとされています。こののち、商人の身で長崎代官の次席を務めたそうです。
a0212557_6573372.jpg

a0212557_14322848.jpg

by k-dantyan | 2011-05-24 10:43 | 宇城市歴史探訪 | Comments(0)

宇城市 三角町西港 

三角町
三角西港は、宮城県ののれい港、福井県の三国港とならぶ明治3大築港の1つとされている。
写真は、明治時代の旅館「浦島屋」、文豪ラフカディオハーン(小泉八雲)の「夏の日の夢」の紀行文の舞台となった。
a0212557_10103177.jpg

西港は、明治17年から20年にかけてオランダ人水理工師によって設計、築港された。
現在、荒尾市の万田抗とならんで、「九州・山口近代化産業遺産群」として世界遺産への登録の期待が高まっている。
a0212557_1552996.jpg

by k-dantyan | 2011-05-24 10:29 | 宇城市歴史探訪 | Comments(0)

宇城市松橋町

こんにちは! ダンチャンのデジカメ日記にようこそ

宇城市歴史探訪
田園と不知火海の歴史息づく

松橋町
豊福城後(松橋町豊福字 下城) 1見すると平野の中にある城郭です。外堀と内堀が現存している戦国時代の城跡です。
医王山長安寺跡  「肥後国史」によると薬師如来像と十二支仏があり、元禄6年銘の菊紋章の梵鐘です。この梵鐘は、戦時中の金属供出を免れたという逸話が残されています。

by k-dantyan | 2011-05-24 10:25 | 宇城市歴史探訪 | Comments(0)

宇城市 不知火町松合

不知火町松合
古い町並みには、歴史の集積があり暮らしの中に懐かしい風景がみられます。
白壁、土蔵の町 松合の町並


by k-dantyan | 2011-05-20 10:32 | 宇城市歴史探訪 | Comments(0)

長島 唐戸大橋

5月のゴールデンウィークに長島の唐戸島の日本一のつり橋へツーリングしました。壮大な橋脚と潮流に感激しましたa0212557_6151082.jpg
by k-dantyan | 2011-05-02 14:08 | バイクツーリング | Comments(0)